掲載日:2010年3月25日

漁業体験施設の竣工、演習船進水のお知らせ


五島内外の皆様へ


謹啓 立春のみぎり皆様にはいよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、当組合の大浜地区では平成17年度より、大浜の地理的特性を活かし、都市との交流人口の増加を図り地域の活性化を推進することを目的に、「五島の豊かな自然と海を満喫していただく体験漁業」の取り組みを行ってまいりました。以来、島内外より多くの観光・修学旅行等で来島される皆様を受け入れてきましたが、雨天時等さらなるの受入を行うため、長崎県・五島市の支援の下、体験交流施設の建設をすすめ、このたび完成の運びとなりました。これを機会に、より多くの皆様に体験漁業というかたちで、五島の豊かな自然と海を満喫していただければ幸いです。
また同時に、当地区の小型定置漁業の後継者確保と、新規漁業就業者の漁労技術の伝道と共同経営化を進めるため、この度、演習船の進水を行う運びとなりましたことをお知らせいたします。

体験交流施設名:「大浜ふれあい海工房」

演習船名:「三十六開運丸」

 

私達漁業者は、今後も五島の豊かな海を守り育て、五島の海で捕れた新鮮で美味しい魚介類を供給していきます。

漁協からのお知らせバックナンバー

よかとこ、五島。トップへ戻る